www.orchidclub.net LB

<< 2014年9月号 坂下範征さんより、おてがみが届きました | main | 2014年11月号 池田万由未さんより、おてがみが届きました >>

2014年10月号 猫まみれさんより、おてがみが届きました

礼状書き(富山弁編)

数日前、9年勤続の職場を派遣切りにおうた。
元同僚女子18名からお花もろた。
男子はゼロ。
別にいいがやけど。
今、そのお礼の手紙を書いとる。
ひとりに便せん1枚づつ書いとる。
書くことたくさんあり過ぎて、文字小さなってしもた。
私より字汚い人、日本語書ける人のうち0.3%未満かもしれん。
読みにく過ぎやわ。
時々、自分の書いた字ながに、なあん読めんわ。
読めんだら、気合いで解読してくれんけ。
悪いがやけど。

で、7名分書き終えたがやけど、はや手首ちょっこし痛なった。
それぞれへの書き出しちゃ、まず相手の名前。
続けて、お花のお礼やね。
全員分微妙に言葉が違ってった。
続いてそれぞれの人たちへの言葉、それぞれ。
それぞれの人たちと私との間に紡がれてきてった物語。
書き始めてみたら、物語の方からこっち寄ってきた。
自分がコスモスの花の、えらそやけど真ん中の花粉密集地。
放射状の花びら一枚一枚がそれぞれとの物語。
花びらの先のどっかが、その人たち。
花びらの先のどっかは、どこやろか?
地球の外側かもしれん。
今吸おうとしとる酸素の塊かもしれん。
18名女子は、なに者やったがやろ?
それはようわからんけど、思いだけは込める。

花びら18枚の珍種のコスモス。
普通は8枚らしいけど。
その花びらを一枚一枚指でなぞる。
過去の物語を指でふたたび感じとる。
触感がことばを運んできとる。
運ばれてきたことばが、便せんに転写されてく。
イタコ状態。

書いた、18名分。
なんかほんま幸せやね。
手首はもっと痛くなっとるはずながやけど。
幸せ気分に痛み止め効果あるがかも。
いいがいね、イタコ気分。

18名分の手紙は、私書いたがじゃない。
書いたけど書いとらん。
ペンが勝手に動いてった。
こっくりさんが10円玉走らせるみたいに。
私はただペン先を便せんにのせとっただけ。
女子18名それぞれとの思い出を浮かべとっただけ。
私がしたがはそれだけ。
飲まず、食わず、息だけはしとったと思うけど。

思いは私ながじゃない。
私の一部ながでもない。
どこから私に突然やってきたかもわからん。

ただ、なんやろね。
手紙書いとる間、私そこに、おった記憶無いが。
でも、何かが自分を通過しとるな、と思た。
自分でないもんが私を動かしとるみたいな。
私、その間、とんでもなく幸せやった。

18名のこと考えながらの、そのための手紙やったがに、
手紙書いとるときの私は不在で、
でも気いついたら、伝えたかったこと、確かに書いてあったがやぜ。

実は詩人さんたちって、万年イタコ時間の住人かもしれんね。
人よりずうっと長いがかもしれん、
幸せ感じられる時間が。
心込めて書いとってやがやもん。
あんたらっちゃ、いいがいね。
ほんま、いいがいね。


■猫まみれさんって、どんな人?

kyouko
猫まみれ
短大家政科卒。女子寮生活。新卒就活し損ない25歳まで富山県内でバイト点々&地元大学のミニコミ誌製作参加&簡単な資格取得オタク。25歳で家出を兼ねてアジア5カ国半年放浪。帰国し東京で1年バイト掛け持ち後、英国系通信社の雑用事務係として派遣から正社員。外国人多いシェアハウス在住。30歳で渡米しユダヤ系アメリカンと結婚。学生&販売職。音楽&映画&猫&鬱三昧の日々。40歳で離婚し富山へUターン。9年間電話予約事務の派遣職。放送大学人間と文化コース卒。派遣切りの現在。

無職 | permalink | - | -
■Contents
top
poetry
members link
saruret