www.orchidclub.net LB

2010年3月号 社納葉子さんより、おてがみが届きました

蘭の会のみなさま、はじめまして。
フリーライターの社納葉子ともうします。

 職業をきかれて「ライターです」と答えると、よく「文章を書くのがお好きなんですね」と言われます。そう言われると何ともいえない違和感があり、「いや、そうでもないんですけど」とモゴモゴ言い訳めいたことを言ってしまうのが常でした。文章を書くのは、たぶん好きなんですけど、好きだからといって納得できる原稿が書けるわけはないということはみなさんにもわかっていただけるのではないかと思います。
 この仕事を始めてから、長い間、インタビューをしても原稿を書く段になると、「いったい何を書けばいいんだろう」と途方に暮れてしまうことがよくありました。話を聞くだけで精一杯で、その人が一番言いたいこと、インタビュアーとして感じ取らなければならないことを受け止める余裕がなかったのですね。わたし自身が人としてあまりにも未熟だったのもあると思います。
 今でもそれはあまり変わりませんが、失敗を繰り返しながら、自分をひらかなければ人もひらいてくれないということが少しずつわかってきました。そして、自分をひらけば、いろいろなことを感じとれることも。
 最近、ようやく自然に「ライターです」と言えるようになりました。相変わらず原稿を書くのに時間はかかりますが、語られた言葉を大切に原稿へと組み立てていくことが楽しいと感じられることが増えてきました。詩人のみなさんは、詩を書くとき、どんな気持ちなのでしょう。

 ところで、詩人という方はいったい何人いらっしゃるのでしょう。詩人さんとは、どこに行けば会えるのでしょう。「この職業の人はここに行けば会える」というのはだいたいわかるものですが、詩人さんはわかりません。もしかしたら電車で隣り合わせているかもしれないし、スーパーのレジ前でわたしの後ろに並んでいるかもしれない。そう思うと、なんだか愉快な気持ちになります。

 どうかお元気で。


■社納葉子さんって、どんな人?
syanou

プロフィール
1965年生まれ。23歳で結婚、24歳で出産。専業主婦だったが、30歳を迎える直前に「フリーライターになる」と宣言して、周囲を驚かせる。32歳で離婚、シングルマザーとなる。女性誌から行政の冊子まで、人物インタビューを中心に活動中。
ブログ「ライター社納葉子のテララ町ぶるーす」http://www.handworks.jp/leaf/
ライター | permalink | - | -

2005年5月号 黒柳多恵子さんより、おてがみが届きました


ことばを紡ぐ

わたしの身に何かが起こったとき
それによってわたしのこころに何かが起こったとき
わたしはとにかくそれをことばにしてみる
そうやってわたしは わたしと 向き合ってきた

小学生のころ
担任のせんせいに
「自分のことをあまり分析しすぎないで」
そう注意をされた
例えば“どうしてわたしはこういう行動をとったのだろう
こう考えたからこういう行動になったのだと 思う
わたしにはこういう癖があるみたいだ“
ここまで説明付けて わたしはやっと安心する
それがあまりに頑なで痛々しかったのだと
あとになって せんせいは話してくれた

せんせいは わたしに「詩」をおしえてくれた人だ

せんせいが毎日発行する学級新聞は
生徒が毎日日記がわりに提出する詩の中から1日にひとつ選んで載せるもの
みんなその学級新聞に自分の詩が載るのを楽しみにしていて
1日に10枚くらい書いて提出する子もいたものだ
そうやってわたしたちは
日常的に「詩」を書き、
よく書ければ学級新聞に載るというわかりやすいやり方で
認められることの楽しさを知っていったのだと今になって 思う

わたしはその頃から自分の弱さがいやだった
その弱さをわたしは 毎日書く「詩」を通して自覚し
ずっと闘ってきた

強くなりたかった
強さが何かも分からないのに
ただいつも 強くなりたかった
それは今でも変わらなくて
あの頃とはきっとすこし意味が違うのだろうけど
わたしはやっぱり 強くなりたくて もがき続けている

こころをことばにすることは
ときどきとても残酷で 目を背けたくなる
そしてことばを当てはめても当てはめても
どんどんどんどんほんとうのことから 遠くなる気がしたりして
ずっとむずかしいままだ

それでも いやだからこそ わたしは探しつづけるだろう
ことばを紡ぐことで 
その先にあるものを





□黒柳多恵子さんってどんなひと??



言葉作家

写真を趣味でやっていたことから表現することの楽しさを覚え、企画した写真展で写真と一緒にはじめて自作の小説を発表。
それをきっかけに、もの書きになりたいと思いたち、活動を始めたのが1年前の冬。いきなりフリーになるという身のほどしらずなやり方でライターとしてい くつか仕事をこなす。その経験を踏まえて、現在は出版社で編集の仕事を勉強しながら、もの書きとしても、人生においても修行中。

HP:http://unmu.girly.jp/

編集者注>
上記情報は2005年時のものになります。
残念ながらURLはデッドリンクです。



ライター | permalink | - | -
■Contents
top
poetry
members link
saruret