www.orchidclub.net LB

2006年8月号 河野尊(労働教育ファシリテーター)より、おてがみが届きました

イメージを詠むひと



誰もが表現者になりうるのだという真に議論すべき命題はさておき、

いまのところ、私の知りあいで詩人という人は未だ一人しか出会ったことがないので、

その人の語りで印象に残っているものを幾つか記したい。



私が学外研究員を務める、成人教育やライフヒストリーにアプローチする、ある大学の研究会で、その詩人にゲストとして来て頂いた。

テーマは少々長いが、「『社会とアートと人間』その関わりの拓き方 −具体的であること、俯瞰的であること、生きること−」。

メンバーは20人と少人数であったが、九〇分の詩人の語り、一時間余の入念な質疑応答に、最後には詩の朗読をして頂いた。たまたまその日が大震災からちょうど十一年めの日という事が影響しているのかどうかは分からないが、やさしい、平日の穏やかな昼のひとときを温かい気持ちで過ごすことができた。

質疑応答のなかで詩人は、詩の朗読の際に注意する点として、たんに流暢に発話するのではなく、そのテキストの背景にあるイメージを思い浮かべながら詠むのだ、と強調した。そうすると、聴衆もそのテキストの風景を具体的に把握しやすいと。

つづけて、詩人は、事前にテキストは用意するが、<いま、ここ>をリアルに感じとれるよう臨場感も加味するべく、その場の状況にもよるだろうけど、結果、「三分の二がテキスト+残りの三分の一が即興」というスタイルで臨んでいる、とも語った。テキストだけだと強度は高まるが臨場感が薄く、すべて即興だと聴衆との一体感は強まるが即興でテキストが周到に練られていないがゆえに意味の強度は弱まると。だから、「三分の二がテキスト+残りの三分の一が即興」なのだと。インプロ(即興演劇)を試みたり、大学院で人間関係論やコミュニケーション論を学ぶ私としては、我が意を得たり、だ。



また、その詩人には、この世に多くいる、この社会を日々誠実に下支えしている無名の働き手たちを詠んだ作品も多い。たとえば「ことばはたらく はたらくことば」と名付けられた最近の仕事は、おそらく近年の代表作となるだろう。

ある時、「なぜ、そのような、無名の、ふつうの働く人々を詠むのか」と聴いた。尋ねながら、ある映画監督が「制服(仕事着のユニフォーム)を着ていれば、その人は見えない」と語っていたことを思い出す。私の素朴な(しかし根本的であろう)問いに対し、詩人は「いろいろあった二〇代。あるとき、駅で電車が来るのを待っていて、ホームに電車が滑り込んできた。と、ちょうそそのとき、思い立った」と言う。時間(ダイヤ、定刻)がきたから電車が勝手に自分一人で駅に着くのはない。駅員、運転士、車掌、清掃、線路の補修係など、そこで働く無名の人々がいるからこそ、電車やダイヤがスムースに運行される。そのことが、ホームに電車が入ってきて、一瞬にして「わかった」のだ、と。これも、日々の労働そのものをみすえる研究会の事務局を務める私としては、またもや、我が意を得たり、だ。



私の尊敬する、労働問題の研究者は「暗さをたじろがずに凝視する」「ほんとうの希望は、暗い状況をみつめる営みの彼方にしか得られない」ことを自身の信条としている。そして、「すぐれた研究書は、すぐれたドキュメンタリー作品である」とも言う。性も年齢も違うし経験も重なりあわない詩人とその研究者とはおそらく面識はないだろうし、もしかしたら力点の置きどころも違うかもしれない。でも、なんだか、二人の間には共通点があると私には感じられる。

それは、二人とも、この世の、ふつうの人々の営みを見すえ、そんな人々を応援するために使う手法として、「イメージを詠む」ひとだから、だ。


■河野尊さんってどんなひと?
  1970年東京都生まれ。20代は出版社の勤務を経て、現在は、労働教育ファシリテーター(例.ニートの就労支援ワークショップ〜大阪府庁、愛知県庁が主催、ほか)のかたわら、研究会「職場の人権」の事務局を担当。
 また、南山大学大学院・教育ファシリテーション専攻修士課程に在籍。テーマは、労働教育ワークショップ(例.職場におけるパワハラ・セクハラ・いじめ等の問題提起や解決のためのロールプレイ、「人生ゲーム」労働版、など)や、ふつうに働き生きるひとのエンパワメントを促す成人教育的支援の在り方、労働問題における人間関係論的なアプローチ(その場で起きている<いま・ここ>のプロセスに光をあてる)の考察、など。

研究会「職場の人権」のホームページ 
http://homepage2.nifty.com/jinken

インディペンデント | permalink | - | -

2005年7月号 堀口和秀さんより、おてがみが届きました

「バランス」
     

暑い日々が続いております。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

どうしたら健康が保てるのか?
ネット上で見ても皆さん健康を求めてご苦労されているようです。

この問いは、おそらくどうすればいい作品が創れるのか?という問いに似ているような気がします。
皆さんは、これにどうお答えになるのでしょう。

仕事柄よく訊かれるのですが、健康の秘訣などは、特にこれといってないのです。

経験上、あえて言えることは、ふたつ。

一つは働き、よく食べ、よく眠る人は総じてみんな健康だということ。
暇な人は、体調を崩します。

暇だと、余計なことを考えますからね。
お金を使っても健康にはなりません。
そこそこは働きましょう。できればお金も稼ぎましょう。仕事ができれば、大丈夫。

もう一つ、「出し入れ」のバランスを少し意識するのは大切です。
食べ過ぎや便秘が悪いのは誰でも知っていますが、物事すべてにおいて、このことにちょっと意識を。

言葉でも、これは一緒ではないですか。

言葉を聴こうとするインプットと言葉をつむぎ出そうとするアウトプット。

人の言葉を聴かないと、その人の使う言葉はどんどんやせ細って、魅力の無いものになるでしょう。
聴いてばかりでアウトプットを怠ると、感性がだぼついて言葉が重くなるでしょう。

社会は、バランスをとることを許しません。
東洋医学ではやたらにバランスをいうのですが、これは昔から社会が個人的なバランス感覚を許さなかった証の一つです。
だから、働きすぎたら風邪にでも罹って、休んでやりましょう。

世の中には、歳をとるごとに体のつらさが増す、という幻想があります。
そんなことは無いのですよ。社会的に責任やプレッシャーが増し始める30代から50代。
時間が自由になるお年寄りよりも、自由な時間のないこの世代に一番「我慢」を感じます。
この我慢がもとで、体の調子を崩している人は多いのです。

適当に働いて、少しはサボりましょう。
当たり前ですか?

これが当たり前になったら、僕は別な仕事を探します。

皆様、どうぞお健やかに。





□堀口和秀さんってどんなひと??



鍼灸師。1969年 埼玉県生まれ。
大阪市長居で堀口鍼灸院開業。
プログにて言葉の癒し日記「公園前より」公開中。
http://blog.drecom.jp/horis
http://www.oct.zaq.ne.jp/horis/


編集者注>
上記情報は2005年度のものになります。
残念ながら上記URLはデッドリンクです。
インディペンデント | permalink | - | -

2005年4月号 金友祐人さんより、おてがみが届きました

ひとしれず迷いながらもこっそりと意識していた20歳代半ばの転機、伏線はあったものの周囲の人からみれば唐突な思いつきと思われるような僕の一言「お 金ないから自転車乗ろうと思うねん」だって「乗っても乗ってもタダだから」。
人力であるという普遍的な魅力はあるけども、出発点は僕の個人的な経済的理由(わりと貧乏です)が出発点。
自転車をつくるという事業を成立させたい。
50年乗ってもつぶれない自転車をつくろうとして半年目に入りました。
ちなみに屋号は浪速自転車と申しまして、僕はとっても気に入っています。
白状すると、僕はそれほど自転車が好きだったわけではありません。実家が自転車屋さんでもありません。郊外のニュータウン育ちの僕は、市内で見かけるあ の米屋の、氷屋の、豆腐屋の自転車と、それに跨り颯爽と仕事する人たちにいつの頃からか憧れていたのです。
その思いをかたちにすべく、会社を辞めて半年。
cocoroomで月一回催される金友トコトコ「業務用自転車について語ろう」、難波パークスで行われたヒューマンメッセージin大阪での業務用自転車人力発電音楽ライ ブなどのイベントを行ってきました。
6ヶ月の間に簡単な自転車の図面を一枚も描けていませんガ、たった6ヶ月しかたっていないのに、恐らく僕がそのまま会社で働いていたら一生会わなかった (あわずにすんだ?)人たちにたくさん出逢いました。
人生を自分の責任で生きようとするかっこぇえ人らと会い、お話するなかでそれぞれの考え方に触れる事ができました。
そんなおいしい経験を通して、付加価値やコストパフォーマンスとかお金や価値に対する沢山の問題はあるけれど、Just価値を見極め「僕がつくる自転 車」ということばを使って、事業展開したいんです。この気持ちを伝えて広げて繋がっていきたいと思うわけですよ、みなさん。
そんな訳で、これからもイベントを行いつつ、質実剛健、しかもお洒落でかっこぇえ自転車が出来る事を愉しみにお待ちください。
昨日、半年目にして漸く2台の浪速自転車を受注する事ができました。
蘭の会のみなさまも、それぞれ信じている何かをあきらめズ、トコトコやっていきましょうね。最後に偉そうなものいいになりましたが、色んな持ち場で自信 満々に生活する沢山の人が増える事を願ってやみません。
なぜならそれが僕の夢の環境なのです・・・ニシシシシ。




□金友祐人さんってどんなひと??


profile 浪速自転車 代表 金友祐人

浪速自転車についての詳しくは 
http://blog.goo.ne.jp/naniwacycle

ココルーム http://www.kanayo-net.com/cocoroom/

インディペンデント | permalink | - | -
■Contents
top
poetry
members link
saruret