www.orchidclub.net LB

2010年7月号 Kit Garchow (キット・ガーチャウ)さんより、おてがみが届きました

「キットの活動を説明する手紙」

社会的な意識は唯一つのところから生まれるものではありませんが、私が小学生の頃に地元が町ぐるみで運動を起こし、政府の耳を町の要求に傾けさせるのを拝見したことが私の成長期の重要な経験のひとつになります。 今の考え方が当時の出来事の影響を見せていることは間違いないと思います。
1970年代以降にアメリカの製造業がアウトソーシングや国際競争などで弱化していき、それに伴って企業の破綻・工場の閉鎖が相次いでいました。私の出身地、米国ニューヨーク州のコートランド群はその例外ではありませんでした。 世界有数のタイプライタメーカー工場が閉まったとき、多くの高校卒業者で構成する町のどんよりとした雰囲気も記憶に残ります。
ところで1989年の晩秋にアメリカ連邦政府が各州に核廃棄物貯蔵施設を設置するようにと命令を出します。その指示を受けたニューヨーク州議会が核廃棄物貯蔵施設の場所としていくつかの自治体を検討し、私の家族が住んでいたコートランド郡が候補として挙がりましたが、結局そこで施設を設けることを推薦しました。州議会員の誠意を疑うつもりではないのですが、経済的な基盤が強くないことや人口が少ないが町の選定と無縁のことだったのも考えにくいです。当然のことながら住民たちから猛反発ありました。
私はまだ小学生でしたが、田舎にして大規模なデモにお母さんに連れて行ってもらって、演説している人たちや集まった人の姿を見ると「凡人に力あり」という勉強になります。 母さんに最後に会ったとき、なぜ連れて行ってくれたかと聞いたら「あんたにはいい経験になると思っていた」といわれました。
建設現場となるべきところの住民が24時間体制を組んで、検査員などの車がくると総動員して、雪舞う真冬に道を防ぐさえしたりしました。その熱心な闘いを考えると感動をせずにはいられません。原子の核がドクロがとして描かれ、「うちの近所では作るな」と書いているショッキングオレンジのポスターを窓に貼っている民家や店が、政府が建設を断念する何年あともありました。同様に去年、田舎に帰ったときにもう撤回されていましたが長年、住民の勝利の記念として郡の境目に「コートランド郡へよこそう・非核地帯」という標識が立てました。
その地元がどのようなところか想像できますように、この手紙に写真を4枚添付しております。ご覧ください。当時の出来事についてまだ勉強不足なので、これ以上に詳細な話を控えますが、関心を持って英語が得意な方はどうぞ、Cortland County nuclearというキーワードでネット検索してみてください。

そのようなこともあって、私はその社会的な意識を重んじるようになりました。「芸術のための芸術」も立派なものですが、私としてせっかく詩を書くなら「なにか」のために役立てて書きたいのです。そこで起きる問題はいつも「理性」と「情緒」の矛盾です。論理的に語ると詩にならず、幻想的なことだけを書くと社会に背を向けることになる、ということです。英語圏で有名なWHオーデンのように両立できる詩人はいかに偉大かといつも思います。

私の詩では理性と情緒を両立できていない難問を突破する手口として「自動記述」を最近試みています。自動記述というのは、19世紀の欧米のスピリチュアリズム(心霊主義)に盛んになった活動で、頭を真っ白にしてあの世の人が手を借りて書くのを待つことを指します。ブレトンのようなシュールレアリストもこの自動記述を道具の一つして使っていました。 幽玄的なことを私は期待していませんが、頭から出ることばをそのまま書いて、自己検閲もせずに記述します。辻褄が合わないにしても、結果には奇妙な迫力と新鮮な発想あることも多いです。形もなくて詩になっていないのですが、かくして頭の日常的な回路から離れると怖くて疲れる面もありますが、価値ある実験です。
この長い実験の成否については発言できる身ではないのですが、追って真剣に続けたいと思います。そこで関心のある社会問題等について詩を詠むとき自動記述から得た教訓を使えると思って可笑しくないのでしょう。詩を書いている皆様は一回試してみてはいかがでしょう。

Kit Garchow
2010年3月28日
kitkitkit

■Kit Garchow (キット・ガーチャウ)さんって、どんな人?
kittoo

略歴

現職       某株式会社 翻訳コーディネーター (英訳担当)
1984年7月   米国ミシガン州生まれ 
          (2週間後、家族がニューヨーク州へ引っ越す)
2004年     交換留学生として初来日
2007年     アンティオーク大学  日本語・日本文学科 卒業
        (当校が旧奴隷制度廃止運動の拠点などとして知られる)
2008年      日本、大阪市に移住
2010年      テルミンを購入し、練習を開始。
           パフォーマンスアートの初舞台。
パフォーマンスアート | permalink | - | -

2008年8月号 中村明子さんより、おてがみが届きました

蘭の会のみなさま
はじめまして中村明子ともうします。

わたしは理容師です。
いわゆるサンパツ屋です。
大阪では美容院はパーマ屋。理髪店はサンパッチャ。

どうして私がパーマ屋ではなくサンパツ屋になったかというと
ずばり!おばちゃんはややこしいからです。
説明はいりますまい。ややこしいのです。

最近とあるカフェをお手伝いしています。
カフェといってもお酒ものめるので、おっちゃん率高めです。
そして、そこに勤めておもうこと。
ややこしいオッサンかなわんなあ・・

そうです。
ややこしい人とは、男も女もなく別の人種に進化されているのです。
ややこしいisジェンダーフリーです。

進化するものと、しないもの。なにが違うのか
今まだ研究の途中ですが、わかったことは
「いいたい事を言う限度」にあるとおもいます。
相手の立場になってみることを忘れない、この気持ちが大切です。

剃りすぎて血をみて「すみません」と言う理容師の気持ち
「死ねへんかったらええよ」と言うお客様の気持ち
この思いやりどうしがいい関係をつくっていくのでは。
そして、今度は切るまい。と理容師は決心して猛練習して、
後に理容日本チャンピオンになる。(まったくのフィクションです)

なんの事かわからん話になりましたが、
重くない思いやり。これが一番大事。

これを習得するには人と人とのコミュニケーションが必要ですね。
いろんな人に出会っていろんな話を聞く。
たまにはムリをして聞く。たまには自己主張してみよう。
これぞコミュニケーションアートでは!!

っは!蘭の会の皆様 
詩とは縁遠いわたくしでしたが、蘭の会に出会えました事
うれしくおもいます。
ウエブ女流詩人の集いに集えるよう、感性をみがいて
いつか詩ができましたら読んでください。
そして、コミュニケーションしてください。


■中村明子(なかむらあきこ)さんって、どんな人?

中村明子

口数の少ない理容師
いいたい事言うココルームカフェ店員
散髪する際に、お客さんの頬に伝わる血をモダンアートに変える人

NPO法人「こえとことばとこころの部屋」ココルーム
http://www.kanayo-net.com/cocoroom/index.html
パフォーマンスアート | permalink | - | -

2007年7月号 小崎泰嗣さんより、おてがみが届きました。

蘭のみなさまへ

前略

はじめてお手紙いたします。

はじめからこんなこと言ってなんですが、
はじめては、不器用なわたしにとって大失敗への扉です。

はじめて八百屋でアルバイトをしたときは、
台車に野菜をたくさん積んで道路を横断中、交差点の真ん中でつまづいて野菜が散乱。車や路面電車を止めてしまい、

はじめて野球のピッチャーをしたときは、
投げたボールがすっぽ抜け、キャッチャー後のフェンスを飛び越えて試合が一時中断。それから敵味方いっしょになってボールを探す競技に変更になり、

はじめてデートをしたときは、
緊張して手が震えているのを見せまいと、注文したケーキセットに一度も手をつけず、心配してくれる彼女に対して「お腹いっぱいだから・・・」を繰り返すことしかできなかった。

はじめまして。そんな小崎泰嗣と申します。

わたしは、古い手動式の映写機をもちいて昔のサイレントフィルムを上映し、
その映像に合わせて語りをいれる「活動弁士・映写技師」という仕事をしています。
まあひと言でいえば、暗い場所でのみ生息する珍種の古木です。


蘭のみなさま、ごきげんはいかがでございましょうか。

蘭とひと言にいっても色んな方がおられますね。
葉蘭 寒蘭 春蘭 鈴蘭 君子蘭 胡蝶蘭。
あなたはどんな蘭でしょう。

温暖な気候を好む蘭ですか。

それとも、冷房の効いた屋内でのみ咲く蘭ですか。

栄養はじゅうぶんに足りていますか。

近くにどんな虫がいますか。

実はわたしは以前、こっそりとあなたを摘んで、鉛筆でデッサンをしたことがありました。
黒一色しか持たない未熟なわたしは、あなたの鮮やかな色合い、しなやかなライン、つややかな薫りを描ききることができず、白いキャンバスを消し跡で真っ黒にしてしまい、それ以来、もう何年も花を描いておりません。
今にして思えば、臆病なわたしがよくあなたと真正面から向き合えたものだと思います。

わたしの表皮の堅さや幹の太さは、伐られる事や折れる事への畏れの現われです。
わたしは、未だしなやかさを体得できず、そして花を咲かせずにいます。

蘭のみなさま、
色や形、季節は問いません。
どうかわたしの分まで咲き、そして誇ってください。
咲く悦びや苦しみは、詩にのせて聞かせてください。
咲くことのできないわたしは、からだをくすぐる蟻や蝉の声に邪魔されないようあなたに耳を傾け、せめて想像の中ででも咲く不思議を体験したいと思います。


これから益々暑くなります。
互いに栄養・水分をしっかり摂って、天に向かって垂直に、あるいは放射線状に、激しくそしてしなやかに爛々とした日々を過ごしてゆきましょう。

                                草々




■小崎泰嗣さんって、どんな人?



HP たいじこざき
パフォーマンスアート | permalink | - | -

2006年12月号 横山千秋さんより、おてがみが届きました。

草の匂いに体をうずめて、夏の空は割れそうなほどの青、雑草が悠々と伸びた空き地で、毎日のように昆虫を見つめていた少年時代。子どもが興味を持つ虫な らば何だって追いかけたが、カメムシは特にお気に入り。それがなぜだったのか、今さら理由を求めても、都合のいい理屈を並べるだけだろうか。

小学2年生の頃、家が近所だったゆみちゃん。いつも一緒に遊んでいた。ヒダリマキマイマイという殻の直径が5センチもあるとても大きなカタツムリをつか まえたとき、ぼくはそれを見せたくておおはしゃぎでゆみちゃんの家まで駆けた。するとお母さんはすごく嫌な顔をして、ゆみはいないのだと言った。次の 日、学校の先生は、嫌がらせをやめるようにとぼくを注意した。そのときのぼくには、こんがらがった糸をほぐしていくだけの言葉がなかったし、かなしみの 在り処すらわからなかった。

大学4年の夏、就職が決まらず、途方に暮れて故郷に帰った。父とドライブをすることになって、子どもの頃によく連れて行ってもらった里山に向かった。そ こには深緑の静かなため池がある。父が突然シャツを脱ぎ、空に向かって投げ始めた。そして笑いながら、シャツに絡んだオニヤンマをつまみあげた。昆虫採 集を教えてくれたのは父だった。日光にさらされた父の肉体は衰え、胸の毛は白くなっていた。

言葉はいつも先走るし、いつも間に合わない。そのことに打ちのめされながら、ぼくは空の下でじっと息をひそめて虫たちを待つ。虫たちは目前で翻ったり、 はるか上空を漂っていたり、待っていても姿すら見せてくれなかったりする。特には思いがけない攻撃だって仕掛けてくる。それでも彼らを見つめることで、 はじめて世界と対峙できるような気がするのだ。虫たちは、言葉に似ている。

蘭の会、五周年おめでとうございます。
心からの敬意を込めて。

□横山千秋さんってどんな人?

いのち輝く

1983年福島県生まれ。現在、NPO法人こえとこころとことばの部屋(cocoroom)スタッフ。10代半ばにテキストによる作品の発表を開始。以 降、演奏、パフォーマンス、コラボレーション、グループプロジェクトなどの活動を展開。JICA主催エッセイコンテスト特選文部大臣奨励賞 (1999)、現代詩中新田未来賞落鮎塾あけぼの賞(2000)、福島県文学賞青少年奨励賞(2000/2002)、吉野せい賞準賞(2002) などを受賞。最近はバンドをもととしたグループ「大団円」を率いて農作業体験ツアーを実施。

大団円 http://daidanen.sblo.jp/
パフォーマンスアート | permalink | - | -

2005年8月号 スミ モトコ さんより、おてがみが届きました

気がついたら、10年。
いや〜、ホントに10年ぴったり過ぎてしもてました。
声の仕事がしたくて、ちゃんとした勉強もしたんですが、
大学を出ると同時に、「台詞を用いない」劇団に入りました。
筋力・体力がなくて板に上がることはできず、裏方になりました。
そこから数えて、ちょうど10年です。

今の仕事は、さらに裏にまわり込んでて、
アートNPOとか、そーいう人たちのバックアップというか何と言うか、
世間では「アートマネジメント」という職種なんだそうですが、
それとはちょっと違う気もします。
まあ、そんな感じで今もアートの裏方道を歩いてます。
けど、私にとっては堂々たる表道。
自分の居場所が見つかったような
心地よさを覚えています。
ひとことでは説明できない仕事なのが、玉にキズですが。

気がついたら、10年。
この間に、いろいろな人にお世話になってきたなぁ、と思います。
仕事でいただいたアドバイスも、私の糧になっていますが、
特に、女性の先輩方の
ふとした瞬間にもらしたコトバを反芻する、今日この頃。

あんなこと言うてた人がいたけど、
あの時あの人は、何歳やったっけ。
ああ、そうか。
ちょうど、今の私と同じ年の時やね。
その時実は芯まで理解できてなくて、
今なら理解できる、というか
同じ事を後輩に言うてる自分がいてるんです。
先輩方は
コトバで、飛び石を作ってくれていて、
それを、迷いながらも
ひとつひとつ踏んでいってるんやなぁ、と。

そうやって、自分を確認できるようになってから、
今、いてる場所の居心地が数段良くなった気がします。
ああ、こんなモンでええんや、と。
と同時に、私の発するコトバが
これから誰かの足下に敷かれていくかもしれない、
なーんてことを考えると
もうちょっとがんばらんとなぁ、とも思んですが
もともとのタチが、アレなんで
そないカッコエエことは、たぶん絶対言われへんと思います。

まだまださんざん迷うし、後ろ向きにもなるけど、
その時々で、思い出すコトバがあれば、
なんとかなりますよね。 きっと。





□スミ モトコさんってどんなひと??



新世界アーツパーク事業事務局チーフ。
新世界アーツパーク(http://www.sap-s.jp/)は、大阪市の芸術拠点事業で、
アートNPOと協働で、コンテンポラリーアートスペースの運営を
フェスティバルゲートという遊園地?の中で展開している。
元・上海太郎舞踏公司 制作 兼 演出助手。


パフォーマンスアート | permalink | - | -

2004年6月号 佐野真希子さんより、おてがみが届きました

なぜ私は詩人じゃないのか?
なんて、今までさっぱり考えたこともないことを、この機会に考えてみました。

まず、なぜ詩人じゃないかって、それは私が詩を書かないから。
ま、当たり前だけど。どう考えたって小学生の頃の宿題が最後。
「じゃあ、今から勝手に書けば!」
とおっしゃらずにちょっと聞いてください。どうして詩を書くことに興味を持たなかったのか。少しばかり心当たりがあるんです。


文字を書くのは好きですか?
いや、そうですね、「文章を」じゃなくて「文字を」書くのは好きですか?

私は苦手。だって字が汚い。
だけど字を書かないってわけにはいかないのよね。
「お、ひとつここの会員になってみるか」となっただけで、早速用紙が渡され記入させられる。さて名前「あら、ちょっとゆがんだ」次は住所「書ききれない! 最後の方読めない!」電話「もうテキトー」年齢「はいはい・・・」とぐったりしているところへとどめを刺すように「会員証にお名前お願いしまーす!」だもんね。後は只、あのつるつるした材質の会員証とボールペンのセットじゃないことを祈るだけ。ヘタな字が更にヘタに見える! いや、ヘタになる!

こんなツラい気持ちを味わいながらも、小学校からずっと私の字は汚いまま。長い学生時代でも「ノート貸して!」なんて言われたこと皆無。字の綺麗なノー トの持ち主は人気者になっていたのに。

そして、一向に上手くならない字を克服する根性もなかった私は、「人気者への道(?)」の選択肢として「字を書く何か」は捨て去った。
「おしゃべりですませてやる!」

勿論その後も自分の字が汚いことを忘れたわけではありません。何かしら原稿を書いていても、手紙を書いていても、まず出だしの一文・・・。「ガックリ。
さてもう一枚。ガックリ。いや、もう一枚」と何枚も書き直したり。そして結局「んー、気分が乗らないわ。今日はやめとこっかな」と、こんな感じ。そんな私がゆっくりと何かに思いを巡らせながら「モノを書く」ということはなかなか難しい。

そんなわけで! これらのコンプレックスが私が詩人になる可能性を妨げていたに違いない!!というのは、馬鹿馬鹿しいかしら?

しかしまあ、このことが「書くよりも話す」私の人格を作り上げるのに、少なからず影響しているのは間違いないような。そして大人になり、書き手ではなく読み手になったのも・・・。

けれど今はパソコンが。誰もが同じ形の字を書けるので私にとっては悪くないな。字の汚さに書き直すことはない。一安心。ようやくパソコンのおかげで気軽 に「何かを書く」ことが増えてきた。

まず話すように書く。

声のヴォリュームはどんな感じかな?
抑揚は?
間は?
そして表情は?

そう考えていくうちにどんどんイメージが膨らんで、どんな文章になるんだろう!? と楽しくなってきます。(いや、実際書けなくってもさ)

すると、頭の中でいろんな文字が並んでいく。じゃ、今度はそれを声にしたらどうなるんだろう? そしてまたそれを文字にしたら? 形になって音になって形になって・・・。こうやって、何周もしたら、気づくと「書くこと」と「話すこと」が私の中ですごく面白い関係になってるんですよね。

これは発見! 楽しい遊びが増えました。




■佐野真希子さんって、どんなひと?



99年よりヴォイス・ユニット、グラス・マーケッツを結成。個人的にもラジオ、ナレーション様々な楽器と朗読のコラボレーションを行うなど幅広い活動を行う。



グラス・マーケッツ glass markets
1999年12月、京都にて結成。「言葉と音の融合」をコンセプトに、芝居・朗読・歌など「声」を通して様々なスタイルで作品を発表。オリジナルの脚本、オリジナルの音楽を基本に、既成作、またはそのアレンジと、作品の幅は広い。主な活動拠点は京都・大阪・東京。劇場・カフェ・レストラン・バー・美術館など、空間に応じた作品創りを心がけ、柔軟な対応力を持つヴォイス・ユニット。

<構成メンバー>
佐野真希子 makiko sano 役者・朗読
中野まみ mami nakano 役者・朗読
田中文 fumi tanaka 役者・朗読
原澤孝之 takayuki harazawa 音楽
池田長十 chozyu ikeda 脚本・演出


オリジナル作品は、20世紀初頭の英国ミステリを意識した脚本をベースに、朗読と芝居、そして音楽の融合を意図。リズミカルなストーリーテリングを通して、視覚だけでなく「聴覚」を楽しませる作品を提示し続けている。

http://www.glassmarkets.net/

パフォーマンスアート | permalink | - | -
■Contents
top
poetry
members link
saruret